あなたにピッタリな豊胸手術

わたしはどのタイプ?あなたにピッタリな豊胸手術

「豊胸手術をしてみたいとは思うけど、種類がいくつかあってどれが良いかわからない。」
そんなあなたのためのセルフチェックです。
いくつかの質問に「はい」「いいえ」で答えて、あなたにピッタリな豊胸手術を見つけましょう。

セルフチェックスタート!

{{now.text}}

はい いいえ

あなたにピッタリの豊胸手術は・・・

プロテーゼ法
ハイブリッド豊胸 です

豊胸手術の代表格とも言えるプロテーゼ法(人工乳腺法)は、本格的なサイズアップができる豊胸手術です。
術後にマッサージが必要であったりケアを必要としますが、テキスチャードタイプの豊胸バッグなどを選択することにより、ケアの負担が軽減できる場合もあります。
やせ型で脂肪の少ない方や、確実に大幅なバストアップを望む方などに最適な手術法です。

また、バストの上側の脂肪が少なく、挿入したバッグの形が目立ってしまう可能性がある方、更にサイズアップを図りたい方は、バッグを挿入した上に更にご自身の脂肪を注入するハイブリッド豊胸なら、自然でボリュームのあるバストラインを作ることができるでしょう。

では、プロテーゼ法、ハイブリッド豊胸にはどのような種類があってどんな特徴があるのか、もっと詳しく見てみましょう。

脂肪注入法です

自分の脂肪を注入することで自然な感触、バストラインを作ることができる脂肪注入法は、近年日本では人気の高い手術法です。
採取できる脂肪の量、希望のバストサイズによっては一度で大幅なバストアップは難しい場合もありますが、
複数回に分けて注入することによって、理想のサイズに近づくことが可能です。
体に異物を入れることに抵抗のある方、部分痩せを同時に行いたい方、バストの形を整えたい方などに最適な手術法です。

※やせ型の体型の方の場合は、必要な量の脂肪が吸引できない場合もあります。

では、脂肪注入法にはどのような種類があってどんな特徴があるのか、もっと詳しく見てみましょう。

ヒアルロン酸注入法です

メスを使わずに短時間で手軽にできるヒアルロン酸注入法は、「プチ豊胸」として人気のある豊胸手術です。
ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、豊胸効果の持続期間は限定的ですが、効果が感じられなくなってきたら、再度施術を受けることにより、豊胸効果を持続することができます。
一時的なバストアップをご希望の方、忙しくて短時間でバストアップをしたい方、サイズアップはほどほどにバストのハリを戻したい方などに最適な手術法です。

では、ヒアルロン酸注入法にはどんな特徴があるのか、もっと詳しく見てみましょう。

献血豊胸(PRP/PPPジェル豊胸)です

メスを使わずに自分の血液を使ってバストアップができる献血豊胸(PRP/PPPジェル豊胸)は、ヒアルロン酸注入法の次に手軽にできると最近注目されている豊胸手術です。
豊胸効果の持続期間は限定的ですが、効果が感じられなくなってきたら、再度施術を受けることにより、豊胸効果を持続することができます。
一時的なバストアップをご希望の方、忙しくてなかなかお休みが取れない方、ご自身の体内の組織を使って手軽にバストアップをしたい方、サイズアップはほどほどにバストのハリを戻したい方に最適な手術法です。

※体重が軽いやせ型の方、貧血検査の結果によっては、献血豊胸(PRP/PPPジェル豊胸)を受けられない場合があります。

では、献血豊胸(PRP/PPPジェル豊胸)にはどんな特徴があるのか、もっと詳しく見てみましょう。

豊胸手術の必要はなさそうです

バストの大きさ、下垂やハリに特にお悩みが無いあなたは、現在は豊胸手術の必要はなさそうです。
今のバストを維持できるように、自分に合ったブラジャーを着用し、適切なバストのケアを行いましょう。