バストの構造

意外と知られていないバストの構造。
バストは何でできていて、どのような構造に
なっているのか?
どうして大きさに個人差があるのか?

まずはバストの構造を知ることから始めてみましょう。

バストの構造についてのイメージ画像「そもそもバストの構造って・・?」

バストの主な組織

バストの主な組織の説明画像 バストは主に脂肪組織、乳腺葉や乳管などの乳腺組織、クーパー靭帯という繊維組織で形成されていて、そのバスト全体を大胸筋が支えています。その中で脂肪は乳腺を守るクッションの働きを、乳腺は母乳を作ったりそれを流す役割を担っています。そしてクーパー靭帯は、乳腺を皮膚や筋肉につなぎ止めるケーブルの役目をしています。 個人差はありますが、バスト全体の90%を脂肪が占め、残りの10%は乳腺で構成されています。

バストの成長期

バストの成長期は初潮の時期と関わりがあり、具体的な年齢で表すことができません。
初潮を迎える約1年前から乳腺の発達が始まり、乳頭、乳輪が拡大を始めます。そして初潮を迎える頃から乳房全体が膨らみ始めます。初潮から1年以上たつと乳腺が急速に発達し、立体的に乳房が成長し、大人のバストの形により近づいていきます。

また、バストが成長するのは思春期だけではありません。女性のバストは妊娠すると大きくなります。これは赤ちゃんが生まれてきてすぐにおっぱいをあげれるようにと、乳腺が驚異的に発達するためです。

大きさに個人差があるのはなぜ?

「お母さんが貧乳だからわたしも貧乳なの。」
このような話はよく聞きます。しかし、母親が大きなバストで娘が小さいバスト、またその逆の話も実際にはよくあることです。確かに体型は親子で似ることはありますので、バストサイズに関しても遺伝とは無関係ではないかもしれませんが、100%遺伝するわけでもありません。

バストの大きさには乳腺、女性ホルモンが大きく関わっています。
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあり、丸みを帯びた女性らしい体を作ったり、子宮内膜に厚みを持たせて妊娠する準備をする働きがあります。そしてこれらのホルモンには乳腺組織である乳腺葉と乳管の発達を促す働きがあります。また乳腺が発達するとそれを守るために脂肪組織が増えていくので、乳腺が発達することによりバストが大きくなっていくのです。

一般的に初潮以降に徐々に女性ホルモンの分泌が増えていきます。これには個人差があり、女性ホルモンの分泌が盛んで乳腺が発達しバストが大きくなる人、逆に十分に分泌されずに乳腺があまり発達しない人など様々です。そしておおよそ18歳前後で乳腺の発達が完了すると言われています。バストの大きさに差があるのはこのためなのです。