バストはなぜ垂れるのか?

昔はハリのあるキレイなバストだったのに、年齢と共に垂れてきた。
妊娠、授乳中は大きかったのに、卒乳したらしぼんで垂れてしまった。
バストのサイズにはさほど不満はなくとも、年齢や妊娠、授乳後には
「バストの下垂」という悩みが出て来てしまいます。
なぜバストは垂れてきてしまうのでしょうか?

バストはなぜ垂れるのか?のイメージ画像

バストの土台、大胸筋

「大胸筋を鍛えるとバストが垂れない」
女性なら一度は聞いたことがあると思います。
大胸筋はバストの土台となる筋肉で、ここが衰えてしまうとバストの下垂の進行がしてしまいます。腕立て伏せや合掌のポーズなど、垂れてしまったバストを元に戻すべく、トレーニングに励む方は多くいらっしゃると思います。しかし「大胸筋を鍛えて元のバストの位置に戻った」という話は多くはありません。それはなぜでしょうか?

バストの下垂の原因は大胸筋の衰えだけではないのです。

バストを釣り上げるクーパー靭帯

もう一つ、バストを支える大切な仕事をしている組織があります。それはクーパー靭帯です。
クーパー靭帯とはコラーゲン繊維組織の束で、バストの構造でも触れた通り、乳腺を皮膚や筋肉につなぎ止めるケーブルの役目をして、バストを釣り上げています。そしてこのクーパー靭帯はゴムのように伸びたり、場合によっては切れてしまったりします。残念なことに、一度伸びたり切れてしまったクーパー靭帯は元には戻ることはありません。

加齢や妊娠、授乳後のバストの下垂はこのクーパー靭帯に原因があると言えます。
まず、加齢とともに肌などが衰えてくることは広く知られていますが、それと同じように大胸筋の筋力、そしてクーパー靭帯も衰えて伸びてきてしまします。このため年齢を重ねるごとにバストも垂れてきてしまうのです。

また、妊娠、授乳後のバストの下垂ですが、女性は妊娠をすると乳腺が驚異的に発達するため一時的にバストが大きくなり、同時にクーパー靭帯も伸びます。そして卒乳後にバストは元のサイズに戻ります。大胸筋はトレーニングをすることによって鍛えることは可能ですが、伸びたクーパー靭帯は元には戻らず伸びたままとなり、バストの下垂を招くのです。

また上記のような理由以外にも、例えば激しいスポーツをするとバストが大きく揺れ、クーパー靭帯は伸び放題の状況になります。
「私はAカップだから大丈夫。揺れるほど大きくない。」
と思う方も気をつけてください。Aカップでもバストの重さは250g程度ありますので、運動をすればその重みでクーパー靭帯は引っ張られます。運動をする際にはサイズの合ったブラジャーを着用し、バストの揺れを軽減させて、クーパー靭帯が伸びたり切れたりするのをできるだけ防ぎましょう。