リップリング

「リップリング」というのはあまり聞き慣れない単語だとは思いますが、プロテーゼ法による豊胸手術後に比較的多いお悩みです。
どのような状態をリップリングというのか、またその対処法などを解説いたします。

リップリングとは?

リップリングのイメージイラスト リップリングとは、プロテーゼ法によりバストに入れた豊胸バッグの縁の形や、波打ったようなバッグの形が表面に現れてしまい、場合によってはペコペコとした手触りになってしまう状態です。 プロテーゼ法で豊胸手術を行う場合、挿入するバッグのサイズに合わせてバッグを入れるスペースを作るのですが、それが小さ過ぎるとバッグがキチンと収まりきらずに縁が折れてしまったり、よれてしまったりします。このようなことが原因となり、リップリングの症状が出てしまうのです。 また、豊胸手術直後は問題がなかったとしても、加齢などによる体型の変化によって、バッグがよれてしまい不自然さが表面化することがあります。

そして、やせ型でバストに脂肪が少ない方が乳腺下法などで浅い位置にバッグを挿入すると、リップリングの症状が出やすい傾向にあります。

リップリングの予防法、対策

まずプロテーゼ法での豊胸手術を受ける前に、挿入するバッグの種類、サイズ、挿入箇所などについてドクターとしっかりと話し合うことが大切です。
バッグの種類でも、生理食塩水を使用したバッグはリップリングを起こしやすいと言われています。
やせ型の人が大幅なサイズアップを希望する場合、乳腺下にバッグを挿入するとバッグの形が目立つ場合がありますので、大胸筋下などの目立ちにくい箇所を検討する必要があると言えます。

リップリングが起きてしまい、どうしても気になってしまう場合の対処法は、バッグを取り出すことになります。そうならない為にも、様々なリスクも視野に入れて、手術前にドクターとしっかりと相談することが最も重要となるのです。