レントゲン撮影について

豊胸手術後にためらってしまうレントゲン撮影。
「豊胸手術をしたことがバレてしまうのがイヤ」
「豊胸バッグのせいで、レントゲン撮影での診断ができなくなるんじゃないか?」
とお悩みの方は多いようです。実際に豊胸手術がレントゲン撮影でわかるのか、また豊胸による検査への影響について解説いたします。

レントゲン撮影についてのイメージイラスト

豊胸手術はレントゲンでわかるのか?

胸部レントゲン撮影で全ての豊胸手術がわかってしまうのか?と言えば、そうではありません。
脂肪注入法やヒアルロン酸注入法、献血豊胸の場合はレントゲンに写りませんが、プロテーゼ法によって挿入したバッグは、バッグの種類によって鮮明さに違いはあるようですが、ほぼレントゲンに写ると考えた方が良いでしょう。またバッグ挿入から時間が経過し、バッグの周囲に皮膜が形成され、石灰化が進んでいる場合の方がレントゲンにはハッキリと写ります。CT、MRIでは更に鮮明にわかります。

豊胸手術をしていることが検査技師や医師などに知られたとしても、守秘義務がありますのでそれが外部にもれる心配はありません。

レントゲン撮影による診断への影響

医師はレントゲン写真を見れば、それが豊胸バッグだと認識できますので、胸部に何か異物が写ったからと言って「異常あり」という診断にはなりません。

しかし、脂肪注入法による豊胸手術の場合も石灰化が進んでしまうとそれがレントゲンに写る可能性があり、乳癌などと誤診されてしまう場合があります。誤診を招かないためにも、検査の際には申告をしておいた方が良いでしょう。