授乳について

バストの本来の役目は、赤ちゃんにおっぱいをあげること、
そう「授乳」です。
どんなに大きくて魅力的なバストになれたとしても、本来の役目を果たせなくなってしまっては意味がありません。
豊胸手術は授乳に影響あるのでしょうか?

授乳についてのイメージイラスト

豊胸手術の授乳への影響

バストの構造でも触れていますが、バストの組織の中で母乳を作る役目を担っているのが乳腺です。この乳腺が傷ついていなければ、母乳も作られますし問題なく赤ちゃんにおっぱいをあげることができます。 もちろん豊胸手術では、どの手術法でも乳腺を傷つけることは基本的にしません。脂肪注入などの注入系の手術では乳腺に注入することはありませんし、プロテーゼ法においても、乳腺を傷つけないように手術を行いますのでまず心配ありません。

プロテーゼ法による豊胸手術の注意点

生理食塩水、シリコンなど様々な種類のバッグがありますが、万が一破損した場合も、その成分が母乳に混じることはないため赤ちゃんに影響はしません。もしどうしても心配でしたら、母乳にシリコンが混ざっていないかどうか検査することも可能です。ただし、妊娠中や授乳中は乳腺が発達するため傷つけてしまう恐れがあり、完全に授乳が終わるまでは抜去や入れ替えなどの手術ができません。

また、妊娠中や授乳中は豊胸手術をしていない方でもバストがパンパンに張りますので、バッグを挿入している方は更に圧迫感を感じるかもしれません。それは乳腺が発達し、大きくなることによって張ってしまうのであって、豊胸バッグが大きく膨らんだりはしていません。時期が来ればそのお悩みは解消されます。