豊胸手術後のケア、過ごし方

豊胸手術は施術が終わったら全て終わりではありません。
ある一定期間、生活上の制限が出たり、バストのケアを必要があります。それを守るか守らないかで、その後の満足度に大きな差が出ます。
ではどのようなことに注意し、どのようなケアをすれば良いのでしょうか?代表的なものをご紹介いたします。

※クリニックによって異なります。あくまでも目安ですのでドクターの指示を最優先してください。

ダウンタイム

ダウンタイムのイメージ画像

豊胸手術におけるダウンタイムとは、手術後からバストの組織が健全な状態に回復し、状態が安定するまでの期間のことです。
手術法やドクターの技術、手術を受ける人によっての個人差がかなりありますが、手術後は痛みや腫れ、内出血などが数週間に渡って残ります。それがおさまり、バストラインがキレイになるまでには1ヶ月近くの時間を要します。

マッサージ

マッサージのイメージ画像

プロテーゼ法による豊胸手術を受けた方にはとても重要なケアです。特にスムースタイプのバッグを挿入した場合は、カプセル拘縮予防のために、医師から指示された通りの期間、正しいやり方でバストのマッサージをする必要があります。痛みを伴いますが、これをしっかりやったかやらなかったかによって、その後の満足度に差が出ますので、根気よく続けてください。

脂肪注入法を行った際に忘れがちなのが、脂肪を吸引した箇所のケアです。脂肪注入法の場合はバストのマッサージはする必要がありませんが、吸引部分に関してはしこり防止の意味でもマッサージが必要になります。

ブラジャーの着用

ブラジャーの着用のイメージ画像

手術法によってはブラジャーの着用に制限が出ます。
ヒアルロン酸注入法の場合、施術当日はスポーツブラなどのノンワイヤーのブラジャーを着用し、翌日から通常のブラジャーを着用することができます。

脂肪注入法で豊胸手術を行った場合は、3ヶ月程度はワイヤーの入った通常のブラジャーではなく、スポーツブラなどのノンワイヤーのものやブラカップ付きのキャミソールなどを着用することになります。早くからワイヤー入りのブラジャーを着用してしまうと、脂肪注入後のバストがワイヤーで圧迫され、圧迫部分に凹凸ができてしまったり、圧迫により血行不良を起こし、生着率に影響することがあるためです。

プロテーゼ法の場合は、1週間程度は包帯などで圧迫固定します。そして通常は抜糸後に、スポーツブラなどのノンワイヤーのものやブラカップ付きのキャミソールなどを着用できます。ワイヤー入りのブラジャーを着用できるようになるのは、およそ3ヶ月後からとなります。

仕事、運動

仕事、運動のイメージ画像

手術法によっては仕事や運動に制限があります。ヒアルロン酸注入などでは、翌日から普通の生活に戻れますので、特に仕事や運動の制限はありません。

脂肪注入法やプロテーゼ法による豊胸手術は全身麻酔を使用することもあります。入院の必要はなくとも、手術当日の帰宅後は安静にした方が良いでしょう。そして、個人差はありますが数日間痛みが残ることがあります。2、3日で仕事復帰ができると言われた場合も、余裕をもって少し長めに休暇を取った方が安心です。また立ち仕事や少しハードな仕事をされている方は、最低でも1週間は休暇を取った方が良いかと思います。不安な場合は事前にドクターに相談することをおすすめします。 また、激しいスポーツは約1ヶ月ぐらいは控えた方が良いでしょう。

入浴

入浴のイメージ画像

手術法によっては入浴の制限があります。
ヒアルロン酸注入法については施術当日から、シャワーが可能となります。脂肪注入法、プロテーゼ法の豊胸手術を受けた場合、約1週間程度の入浴の制限があります。これは入浴をして血行が良くなると、痛みや腫れがおさまりにくくなるためです。「患部を濡らさなければシャワーなら翌日から可能」など、ドクターから指示があると思いますので、それに従うようにしてください。